Apple MusicをCDに書き込む方法

要旨:
Apple Musicを車のCDプレイヤーに楽しめたいですか?しかしDRM保護のため、Apple Musicの曲をCDに書き込むことはできません。本記事では、Apple Musicの曲をMP3形式に変換してCDに書き込んで、CDプレイヤーに再生する方法をご紹介します。

Apple Musicは最も人気のあるストリーミングメディアサービスの1つです。Apple Music 会員になれば、Apple Music カタログの全曲を聴くことができ、エキスパートが曲をおすすめしてくれ、新しいコンテンツを入手することができます。これらの曲はApple Musicで再生できますが、音楽を楽しむために曲をCDに書き込むのが好きな音楽愛好家は間違いなく存在します。しかし、Apple Musicの曲をCDに書き込むのは簡単なことではありません。 Apple Musicの曲からDRM保護が解除されているため、曲をApple Music以外の場所に移動して再生することはできません。

では、Apple Musicの曲をCDに書き込む方法はありますか? この記事には解決策があります。本記事では、Apple Musicの曲をMP3形式に変換してCDに書き込んで、CDプレイヤーに再生する方法をご紹介しますので、下記を読んで一緒に学びましょう!

Apple MusicをCDに書き込むことができる最良方法

TunesBank Apple Music変換ソフトは最高のApple Musicコンバーターであり、Apple Music 曲のDRM保護を解除して、MP3、M4A、AC3、ACC、FLAC、AIFF、AUなどの常用ファイルに変換でき、CD への書き込み機能も実装しております。これ一本で簡単に Apple Music の曲をCDに焼けます。そして、他の音楽コンバーターよりも優れており、Macでの変換速度は最大5倍、Windowsバージョンは最大10倍です。つまり、このソフトはあなたの時間を節約できます。さらに、iTunes Music、iTunesオーディオブック、Audibleオーディオブックを常用形式に変換することも可能です。

TunesBank Apple Music変換ソフトの主な機能:

  • Apple Music、iTunes Music、iTunesオーディオブック、AudibleオーディオブックからDRMのロックを解除します。
  • Mac / WindowsでApple Musicの曲/ iTunesの音楽をMP3に変換します。
  • MP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AU、およびAIFF出力形式をサポートします。
  • 元のオーディオ品質、ID3タグ、およびメタデータを出力MP3ファイルに保持します。
  • 変換したApple MusicはCDに書き込む、CDプレイヤーに再生できます。

TunesBankを使ってApple MusicをCDに書き込む簡単手順

Apple MusicをCDに書き込む前に、まず下記のツールを準備してください:

  • MacOSまたはWindowsを実行しているパソコン。
  • TatestバージョンのiTunesをインストール。
  • TunesBank Apple Music変換ソフト
  • 空のCD

準備ができたら、一緒に方法を見てみましょう。

パート1 Apple MusicをMP3に変換する

ステップ1.TunesBank Apple Music変換ソフトをインストールして起動します
TunesBank Apple Music変換ソフトをMacまたはPCにダウンロードしてインストールします。 その後、ソフトウェアを起動してください。iTunesアプリが自動的に開きます。

ステップ2.Apple Musicトラックを選択します
左側のパネルの「プレイリスト」をクリックすると、すべての曲が右側に表示されます。 CDに焼きたいトラックをチェックしてください。

ステップ3.出力フォーマットとしてMP3を選択します
インターフェイスの下部に移動し、好みに応じて出力設定をカスタマイズすることができます。 Apple Musicの曲をCDに書き込むには、ここで出力形式としてMP3またはM4Aを選択してください。

ステップ4.Apple Musicのトラックをローカルドライブに保存
MP3 / M4A Apple Musicの曲をハードドライブにダウンロードします。「変換」ボタンを押して、完了するのを待ちます。変換プロセス中に一部の曲を見逃した場合は、「ライブラリ」に戻って「変換」リストに曲を追加できますので、ご安心ください。

変換が完了したら、変換されたMP3 / M4Aファイルを[完了]セクションで見つけ、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして開きます。 アーティスト、トラック番号、アルバムなどを含むすべてのID3タグは、出力オーディオに保持されています。

パート2 iTunes を使って、Apple Music の曲を CD に書き込む

今は、iTunesを使用してApple MusicをCDに書き込みます。次のガイドを参照してください。

ステップ1 iTunes で、新規プレイリストを作成し、先変換された Apple Music の曲を新規プレイリストに追加します。

ステップ2空のディスクをセットします。

ステップ3左側から作成したプレイリストを右クリックして、メニューから「プレイリストからディスクを作成」を選択します。

ステップ4ディスクフォーマットを選択します。

ステップ5「ディスクを作成」をクリックします。終了したら、ディスクを取り出してCDを取り出します。

まとめ

これは、Apple MusicをCDに書き込む方法です。 iTunes自体はCDやDVDに書き込むことができますが、Apple Musicからダウンロードした曲をCDに書き込むことはできません。 しかし、Tunesbank Apple Music変換ソフトはあなたを助けることができ、Apple Musicの曲をMP3や他の一般的な音楽フォーマットに変換し、それらをCDに簡単に書き込むことができます。 このようにして、車のCDプレーヤーで高品質のApple Musicを聴くことができます。 もちろん、CDでApple Musicを楽しむだけでなく、Apple Musicを変換して、iPhone、iPod、ウォークマン、Androidなどの任意デバイスでオフラインで聴くこともできます。興味のある方はダウンロードしてご利用ください。

Apple MusicをCDに書き込む