Apple musicをiPodに同期する方法

要旨:
iPod Touch5、6のみでApple Musicの音楽を再生できますが、iPod Touch4またはiPod Nano、iPod Shuffle、iPod Classic ではApple Musicに対応していません。本記事では、Apple Musicの曲をiPod対応可能のMP3またはM4A形式に変換し、すべてのiPodに再生する方法をご紹介します。

Apple Musicはほとんどの人にとって最高の音楽ストリーミングサービスですが、残念ながら、iPod Touch 4またiOSを搭載していないiPod Nano/Shuffle/ClassicなどのモデルはApple Musicに対応していません。そして、Apple Musicからダウンロードした曲はM4P形式で、DRM保護が掛かっています。したがって、Apple Musicの曲をiPodに同期することはできません。

では、Apple Musicの曲をiPodに同期できる方法はありますか?あります。本記事では、Apple Musicの曲をiPod対応可能のMP3またはM4A形式に変換し、すべてのiPodに再生する方法をご紹介します。

すべてのiPodに同期できる方法は?

Apple MusicをiPodに同期するには、サードパーティのApple Musicコンバータを使用するのが最善の方法です。 多くのサードパーティのApple Musicコンバーターの中で、TunesBank Apple Music変換ソフトが最良の選択です。このソフトを使えば、Apple Music の音楽から DRM を解除し、保護なしのMP3、M4A、AAC、FLAC、AIFF、AU、AC3などの形式に完璧に変換できます。さらに良いことに、iTunesで購入したM4P曲、iTunesオーディオブック、オーディオブックをMP3形式に変換して、デバイスやプレーヤーに変換することもできます。変換した後、Apple Music MP3の曲をiPod、iPhone、iPadなどのデバイスに簡単に同期して、いつでもどこでも自由に再生できます。

TunesBank Apple Music変換ソフト主な機能:

  • Apple Music、iTunes、オーディオブックからDRM保護を削除します。
  • Apple MusicをMP3、M4A、AAC、FLAC、AIFF、AU、AC3などに変換します。
  • iTunesの音楽、iTunesオーディオブック、AudibleオーディオブックをMP3に変換します。
  • 元の品質とID3タグおよびメタデータを出力MP3ファイルに保持します。
  • iTunesビデオからMP3オーディオを抽出して、すべてのiPodデバイスをインポートします。
  • iPod Nano / Shuffle / Classic / TouchでApple Musicを簡単に再生できます。
  • スマホやポータブルデバイスでApple Musicをオフラインで楽しむことができます。

TunesBankを使ってApple MusicをiPodに同期する

ステップ1.Apple MusicをiTunesライブラリに追加する
まず、最新バージョンのiTunesアプリ/Apple Musicアプリをパソコンにダウンロードしてインストールします。 次に、曲/トラック/アルバム/プレイリストをiTunesライブラリに追加します。

ステップ2.TunesBank Apple Music変換ソフトを起動する
TunesBank Apple Music変換ソフトは、MacおよびWindows用のデスクトップアプリです。TunesBank Apple Music変換ソフトを無料でダウンロードしてデスクトップにインストールします。 起動すると、iTunesまたはApple Musicアプリ(macOS 10.15以降)が自動的に実行されます。簡潔なインターフェースが表示されます。同時に、iTunesライブラリとプレイリストが自動的に読み込まれます。

ステップ3.変換するApple Musicトラックを選択します
左側のパネルの[プレイリスト]をクリックすると、プレイリスト内のすべてのApple Musicトラックが一覧表示されます。 チェックボックスをクリックして、変換する曲を選択します。そして、ご心配なく、変換速度は5倍で、Apple Musicの曲をいくつでもバッチ変換できます。

ステップ4.出力フォーマットとしてMP3またはM4Aを選択し、カスタマイズする
iPod touch、iPod nano、iPod shuffle、iPod touch、iPhone、iPad、およびほとんどのAppleデバイスはMP3またはM4A形式をサポートしているため、出力形式としてMP3またはM4Aを選択することをお勧めします。メインインターフェイスの下部に移動してください。出力形式としてMP3またはM4Aを選択できます。

さらに、出力ファイルのコーデック、出力形式、出力品質、ビットレート、サンプリングレート、およびチャネルをカスタマイズできます。

ステップ5.Apple MusicをMP3音楽に変換する
次に、「変換」ボタンを押して、品質を損なうことなくApple Musicの曲をMP3に変換し始めます。変換プロセス中にiTunesを使用しないでください。iTunesはバックグラウンドでApple Musicトラックを再生します(ミュート)。

終了したら、[完了]セクションに移動して変換されたすべてのMP3曲を表示し、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして出力フォルダーを開きます。

パート2 Apple MusicをiPodに同期する方法

上記の簡単な手順で、TunesBank Apple Music変換ソフトを使ってApple Musicの曲をMP3またはM4Aに変換しました。今は、変換されたApple Musicの曲をiPodに同期しましょう。

方法1:iTunes経由でApple MusicをiPodに同期する

ステップ1 PCまたはMacでiTunesを起動し、iTunesライブラリに新しいプレイリストを作成してから、変換されたApple Musicの曲(MP3またはM4Aファイル)をこの新しく作成されたプレイリストに追加します。

ステップ2 USBケーブルを使用して、iPodをパソコンに接続します。 次に、iTunesウィンドウの左上隅にあるiPodアイコンをクリックします。

ステップ3 左側のパネルで、[音楽]をクリックし、[音楽の同期]の横にあるチェックボックスをオンにします。ここでは、必要に応じて「音楽ライブラリ全体」または「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、ジャンル」を選択できます。

ステップ4 画面下部の[適用]ボタンをクリックして、変換されたApple MusicをiPodに同期します。

方法2:USBケーブル経由でApple MusicをiPodに同期する

iTunesに加えて、USBケーブルを介してiPodにApple Musicを同期することもできます。 ここでは、Apple MusicをiPodにコピーする手順を説明します。

ステップ1 Apple USBケーブルを使用してiPodをPCに接続します。「マイコンピュータ」に移動して、iPodをクリックします。

ステップ2 [ツール]をクリックし、[フォルダオプション]を見つけます。 [表示]オプションで、[隠しファイルとフォルダーを表示する]を選択します。 次に、「適用」をクリックします。

ステップ3「マイコンピューター」に戻り、「iPod」フォルダーをクリックしてから、変換されたApple Music MP3またはM4Aファイルをコピーしてこのフォルダーに貼り付けます。

ステップ4 終了したら、iPodを取り出してください。そうすれば、いつでもどこでもiPodでお気に入りのApple Music曲をすべて聴くことができます。

まとめ

以上は、Apple Musicの曲をiPodに同期と転送する方法です。Apple Musicの曲をMP3、M4Aなどに変換し、iPod Nano、iPod Shuffle、iPod Classic などのポータブルプレーヤーに転送して、いつでもどこでもオフライン再生できます。では、Apple Musicの音楽を思う存分に楽しみましょう。

Apple musicをiPodに同期する