PS5でApple Musicをストリーミングする方法

要旨:
PS5でApple Musicをストリーミングする方法は?この記事では、PS5でApple Musicをストリーミングする方法について説明します。このようにして、PS5ゲームをプレイしながら音楽を楽しむことができます。

ソニー・エンタテインメントが開発したPlayStation 5(PS5)は、2020年11月に発売されました。Apple Musicを購読していて、PS5、PS4、またはPS3でApple Musicを再生したいですか?ご心配なく、Apple MusicがPS5で利用できるようになりました。この記事では、PS5でApple Musicをストリーミングする方法を説明します。また、サブスクリプションをキャンセルした後も、PS5でApple Musicの曲を永久に保持する方法を紹介します。

方法1:直接にPS5でのApple Musicをストリーミングする

現在、Apple MusicがPlayStation5で利用できるようになったので、PS5を所有していてApple Musicを購読している場合は、Apple MusicアプリをPS5にダウンロードして、PS5コンソールで音楽を再生したり4Kビデオを視聴したりできます。 では、PS5でApple Musicをセットアップして、PS5コンソールでPS5およびPS4ゲームをプレイしながら音楽を楽しむにはどうすればよいでしょうか。以下は、簡単な操作手順についてご紹介します。

まずPS5コンソールの電源を入れ、メディアホームに移動して[すべてのアプリ]を選択します。 次に、Apple Musicを選択し、ダウンロードオプションをタップして、Apple Musicアプリのダウンロードを開始します。 ダウンロードしてインストールした後、Apple Musicアプリを開きます。 Apple Musicアカウントでサインアップまたはログインし、プロンプトに従ってApple Musicアカウントをリンクします。 最終リンクが成功したら、PS5のApple Musicライブラリから音楽をストリーミングできます。

ご注意:
今はPlayStation5コンソールのみがApple Musicと互換性があります。PS4、PS3、PSP、またはその他の古いPlayStationコンソールを使用している場合、Apple Musicはまだ互換性がありません。また、Apple Musicのサブスクリプションをキャンセルすると、Apple Musicの曲を再生できなくなります。 PSデバイスでApple Musicの曲を再生したり、サブスクリプションをキャンセルしたりする場合は、Apple Musicの曲をダウンロードしてMP3形式に変換する必要があります。ただし、特別なDRM保護のため、Apple Musicをダウンロードして他のデバイスに転送して再生することはできません。故にここでは下記の方法が必要です。

方法2:USBドライブ経由でPS5でApple Musicをストリーミング

サブスクリプションをキャンセルした場合でも、オフライン再生のためにApple MusicをPS5または任意のPSデバイスに転送する場合は、Apple MusicのDRM保護を削除する必要があり、TunesBank Apple Music変換ソフトがこれを実行できます。TunesBank Apple Music変換ソフトは、Apple MusicからDRMを削除するための便利なツールです。これにより、Apple MusicからDRM保護をすばやく着実に削除し、曲をMP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AU、または100%元の品質のAIFF形式に変換できます。 また、バッチで変換できるため、変換時間を大幅に節約できます。その後、変換された曲をUSBドライブに保存し、変換されたApple Musicの曲をUSBドライブを介してPS5に同期し、バックグラウンドで再生します。

ガイド:TunesBankを使ってApple MusicをPS5にストリーミングする

このパートでは、TunesBank Apple Music変換ソフトを使用して、Androidスマホ用にApple MusicをMP3に変換する方法について説明します。TunesBank Apple Music変換ソフトは、WindowsおよびMacシステム用のソフトです。開始する前に、[ダウンロード]ボタンをクリックしてデスクトップにダウンロードしてください。

ステップ1.TunesBank Apple Music変換ソフトを起動します
TunesBank Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールした後、プログラムを起動すると、iTunesアプリまたはApple Musicアプリ(macOS 10.15以降)が自動的に実行されます。 次の図に示すように、すべてのiTunes Apple MusicトラックがTunesBank Apple Music変換ソフトインターフェイスに同期されていることがわかります。

TunesBank Apple Music変換ソフトは簡潔なインターフェイスを提供するため、iTunesライブラリが自動的に読み込まれます。そのため、Apple Musicの曲をライブラリにダウンロードする必要はなく、お気に入りのiTunesライブラリに曲を追加するだけです。

ステップ2.Apple Musicトラックを選択します
左側のパネルの「プレイリスト」をクリックすると、すべての曲が右側に表示されます。 MP3形式に変換したいトラックをチェックしてください。

もちろん、プレイリストやアルバム全体を一度に選択して変換することもできます。左側のプレイリスト/アルバムをクリックしてください。メインインターフェイスには、右側のプレイリスト内のすべてのトラックが自動的に表示されます。上部のチェックボックスをクリックして、プレイリスト内のすべての曲を選択します。

ステップ3.出力フォーマットとしてMP3を選択します
インターフェイスの下部に移動し、好みに応じて出力設定をカスタマイズすることができます。 ここでは、最大320kbpsのビットレートで出力フォーマットをMP3として選択できます。

ステップ4.PS5で再生するためにApple MusicをMP3形式に変換します
今こそApple MusicからMP3曲を入手する時です。「変換」ボタンをクリックするだけで、Apple MusicトラックをMP3ファイルとしてダウンロードし、パソコンに保存できます。

変換が完了したら、変換されたMP3ファイルを[完了]セクションで見つけ、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして開きます。 アーティスト、トラック番号、アルバムなどを含むすべてのID3タグは、出力オーディオに保持されます。

ステップ5. USBを接続しでPS5でApple Musicをストリーミングおよび再生
これで、Apple MusicからMP3ファイルを取得し、それらをパソコンに保存しました。パソコンにUSBドライブを挿入し、変換されたApple Musicファイルを保存するための新しいフォルダ(「Music」など)を作成してください。

まとめ

PS5でApple Musicをストリーミングする方法は以上です。方法1を使用してPS5のApple Musicアプリで直接曲を再生できますが、サブスクリプションをキャンセルすると、サブスクリプションの終了後PS5でApple Musicをまったく聴くことができなくなります。 しかし、TunesBank Apple Music変換ソフトを使用すると、どのデバイスでもApple Musicの曲をMP3に簡単に変換し、Apple MusicをUSBドライブに保存して、Apple Musicを永久に保存できます。

PS5でApple Musicをストリーミングする