Apple MusicからDRMを解除する

要旨:
もしApple Music対応外のデバイスにApple Musicの曲を再生する場合は、Apple Music曲のDRM保護を解除する必要があります。本記事では、Apple Musicの曲をDRM保護を解除してMP3変換し、再生を保つする方法をご紹介します。こうすれば、DRM保護なしのApple Musicの曲を自由にApple Music対応外の任意デバイスで再生できます。

Apple Musicは現在、大人気のストリーミングメディア音楽サービスの1つです。 その巨大な音楽ライブラリには、9千万曲以上が含まれています。そのため、さまざまな曲を楽しみたいユーザーにとって理想的な音楽サービスです。ただし、Apple Musicアプリに対応したデバイスで音楽を楽しむことは可能ですが、iPod nano、ウォークマン、CDなどのデバイスでApple Musicを楽しみたいというユーザーもいます。ただし、Apple Musicの曲はすべてDRMで保護されているため、Apple Musicアプリ以外のデバイスで曲を楽しむことはできません。なので、この記事では、Apple Music アプリ以外のデバイスで曲を楽しむことができない理由に答え、Apple MusicからDRMを削除する方法をご説明します。

Apple Music DRM制限について

DRMとは、デジタル著作権管理という意味で、デジタルコンテンツの複製を防ぎ、インターネット上で不正に配信される行為を防ぐために、主に動画や、音楽などのデジタコンテンツに組み込まれています。そして、Apple Musicはこれを防ぐために、すべての曲にDRM保護が含まれています。そのため、Apple Musicのメンバーに登録しても、Apple Musicアプリで再生できないデバイスに曲を転送することはできません。では、Apple Musicの曲のDRM制限を解除して、任意デバイスでも自由に再生するにはどうすればよいですか?

次に、Apple Musicの曲のDRM制限を解除し、多くのデバイスにサポートできるMP3形式を変換できる信頼性の高いツールを紹介します。

Apple Music DRM制限を解く方法

Apple Music DRMを非アクティブ化できるツールは数多く市場に出回っていますが、安全で信頼できる場合は、TunesBank Apple Music変換ソフトです。このソフトウェアは、オールインワンのApple Music DRMリムーバー、iTunes Audio DRMリムーバー、およびApple Musicコンバーターです。 オフライン再生のために、Apple Musicの曲をMP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AU、またはAIFF形式にロスレスで変換するのが得意です。また、変換速度はWindowsバージョンの最大10倍、Macバージョンの最大5倍であるため、AppleMusicファイルをすばやく取得して自由に使用できます。 MP3プレーヤー、iPod nano、Xbox、その他のデバイスに曲を転送し、オフラインで再生したり、曲をUディスクやSDカードに同期してバックアップしたり、曲をバックグラウンドミュージックとして使用することもできます。ワンクリックで、選択したすべての曲がMP3形式に変換され、元のID3タグが保持されます。

TunesBank Apple Music DRM解除の特徴:

  • Apple Musicの曲、アルバム、プレイリストからDRMを削除します。
  • AppleMusicをMP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AUおよびAIFFなどの一般形式に変換します。
  • 元のID3タグとメタデータを保持します。
  • ロスレス音質でApple MusicをMP3に変換します。
  • 直感的で使いやすいユーザーインターフェイスは使いやすいです。
  • iPod Nano、iPod Shuffle、iPhone、MP3プレイヤーなどのデバイスにApple Musicを再生します。

Apple Music DRM制限を解く手順

それでは、Apple MusicからDRMを削除し、オフラインで聴くためにTunesBank Apple Music変換ソフトを使用して曲をMP3に変換してみましょう。

ステップ1. TunesBank Apple Music変換ソフトをインストールして起動します
TunesBank Apple Music変換ソフトを無料でダウンロードして、パソコンにインストールします。インストール後に起動します。 TunesBankは、iTunesライブラリ内のすべてのメディアファイルを自動的にロードします。

ステップ2.Apple Musicトラックを選択します
左側の「プレイリスト」をクリックすると、すべてのApple Musicトラックがメインインターフェイスに読み込まれます。 チェックボックスをオンにして、変換する曲またはプレイリスト全体を選択します。

ステップ3.出力フォーマットとしてMP3を選択します
インターフェイスの下部に移動し、好みに応じて出力設定をカスタマイズすることができます。本ソフトはMP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AUまたはAIFF形式に選択できます。Apple Musicの曲を任意デバイスに完全対応するため、ここで出力形式としてMP3を選択してください。

ステップ4.Apple MusicのDRM解除してMP3形式に変換します
今こそApple MusicからDRMを解除する時です。「変換」ボタンをクリックするだけで、Apple MusicトラックDRMの解除を始め、MP3ファイルとしてダウンロードし、パソコンに保存できます。

変換が完了したら、変換されたDRM抜きでのMP3ファイルを[完了]セクションで見つけ、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして開きます。 アーティスト、トラック番号、アルバムなどを含むすべてのID3タグは、出力オーディオに保持されます。

どのデバイスでもAppleMusicの曲を再生できるようにするには、Apple MusicからDRMを削除することがApple Musicを聴く唯一の方法です。 Apple Music曲からDRMを効果的に削除できるようにするには、TunesBank Apple Music変換ソフトを使用することをお勧めします。TunesBankは、Apple Musicの購入からDRMを削除し、MP3やM4Aなどの一般的な形式に曲を変換するのに役立つ迅速で簡単なソリューションを提供します。 その後、DRMフリーのApple Musicの曲を他のデバイスやタブレットに転送したり、CDに書き込んで制限なく聴くことができます。さらに、iTunesの音楽、映画、テレビ番組、ミュージックビデオからDRMを削除し、それらを一般的なMP3形式に変換するのにも役立ちます。簡単に曲を楽しみたいユーザーには、このソフトは良い方法だと思います。

Apple MusicからDRMを解除