サブスクをキャンセルした後、Apple Musicの曲を再生可能に保つ

要旨:
サブスクをキャンセルしてもApple music曲を再生可能に保つ方法が知りたいですか?本記事では、Apple Musicの曲をDRM保護を解除してMP3変換し、再生を保つする方法をご紹介します。

「AppleMusicのサブスクをキャンセルした場合、Apple Musicを引き続き再生できますか?そうでない場合、サブスクをキャンセルしても曲を再生し続けるにはどうすればよいですか?」

Apple Musicは現在、最も人気のあるストリーミングメディア再生サービスの1つです。 Apple Musicは、使い始めると3か月間無料で使用できます。ただし、試用期間終了後も使い続けたい場合は、お支払いいただく必要があります。有料プランは、個人(月額980円)、学生(月額480円)、家族(月額1480円)の3種類があります。それで、お金を節約するために、あなたはApple Musicの購読をやめたいですか? Apple Musicのサブスクリプションをキャンセルした後、曲のライブラリがどうなり、再生を継続できるか知りたいですか? この記事では、これらの質問に答え、Apple Musicのサブスクをキャンセルした後も曲を再生できるための簡単な方法をご説明します。

サブスクをキャンセルした後はどうなるでしょう?

Apple Musicのサブスクをキャンセルした場合、有効期間が満了していなければ、引き続きApple Musicの音楽曲を再生およびダウンロードできます。ただし、有効期限が切れると、曲を再生またはダウンロードできなくなります。また、ダウンロードした曲はDRM保護されたM4P形式です。曲をダウンロードしても、完全に所有されているわけではないため、お使いのデバイスに保留することはできません。最も重要で最悪の部分は、サブスクをキャンセルした後、ライブラリにアクセスできなくなることです。さらに悪いことに、以前に追加した曲のデータが失われる可能性があります。したがって、サブスクをキャンセルした後もApple Musicの曲を再生し続けるには、Apple Music コンバーターを使用し、曲のDRMを解除してMP3に変換するのが最善の方法だと思います。

サブスクをキャンセルした後、Apple Musicの曲を再生に保つツール

TunesBank Apple Music変換ソフトは、この問題を解決できる優れたツールです。Apple Musicの曲からDRM保護を削除し、MP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AU、AIFFなどの一般的な形式に変換するためのに力があり、無損の出力品質を持っています。さらに、すべてのID3タグと、タイトル、アーティスト、アルバムなどのメタデータ情報を出力ファイルに保持することもサポートしています。このようにして、サブスクをキャンセルした後もApple Musicの曲を再生に保つことができるだけでなく、iPod Nano、iPod Shuffle、iPhone、MP3プレーヤーなどの任意のデバイスに転送することもできます。

TunesBank Apple Music変換ソフトの魅力:

  • Apple Music、iTunesM4P音楽からのDRMのロックを解除します。
  • Apple MusicをMP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AUまたはAIFF形式に変換します。
  • iTunesの音楽とオーディオブック、AudibleオーディオブックをMP3、M4Aなどに変換します。
  • サブスクをキャンセルした後も、Apple Music曲の再生を保つことができます。
  • 100%の元の品質、ID3タグ、メタデータ情報を保持します。
  • iPod Nano、iPod Shuffle、iPhone、MP3プレイヤーなどのデバイスを制限せずにApple Musicを再生します。
  •   

ガイド:Apple Musicの曲MP3に変換し、再生可能に保つ

次のチュートリアルでは、TunesBankを使用してApple MusicからDRMを削除し、サブスクをキャンセルした後もApple Musicを保持する方法について説明します。

ステップ1.TunesBank Apple Music変換ソフトをインストールして開きます
パソコンにTunesBank Apple Music変換ソフトをインストールして開き、アカウントにログインします。 その後、コンバーターが起動すると、Apple MusicまたはiTunesアプリが自動的に開きます。

ステップ2.Apple Musicトラックを選択します
左側の「プレイリスト」をクリックすると、すべてのApple Musicトラックがメインインターフェイスに読み込まれます。 チェックボックスをオンにして、変換する曲またはプレイリスト全体を選択します。

ステップ3.出力フォーマットとしてMP3を選択します
インターフェイスの下部に移動し、好みに応じて出力設定をカスタマイズすることができます。本ソフトはMP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AUまたはAIFF形式に選択できます。サブスクをキャンセル後もApple Musicの曲を任意デバイスに完全対応するため、ここで出力形式としてMP3を選択してください。

ステップ4.Apple Musicのトラックをローカルドライブに保存
Apple Music MP3曲をハードドライブにダウンロードします。「変換」ボタンを押して、完了するのを待ちます。変換プロセス中に一部の曲を見逃した場合は、「ライブラリ」に戻って「変換」リストに曲を追加できますので、ご安心ください。

変換が完了したら、変換されたApple Music MP3ファイルを[完了]セクションで見つけ、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして開きます。 アーティスト、トラック番号、アルバムなどを含むすべてのID3タグは、出力オーディオに保持されています。

これで、サブスクをキャンセルした後でも、Apple Musicの曲を保存し、再生を保つことができます。そして、変換した曲はDRM保護を解除しました。よって、曲をiPhone、iPod、ウォークマン、MP3プレイヤー、Androidなどの任意デバイスでオフライン再生できます。

Apple Musicの曲の再生を保つ