Xbox OneでApple Musicを再生する方法

要旨:
Xbox OneでApple Musicの曲を再生する方法知りたいですか?この記事では、Xbox OneでApple Musicを再生する方法について説明します。この方法を使用して、Apple Musicの曲をMP3に変換し、 Xbox Oneで再生するためにUSBに保存します。

Xbox One用の音楽ストリーミングアプリを使えば、ゲームをしながらバックグラウンドでお気に入りの音楽やポッドキャストを聴くことができます。Spotify、Soundcloudなどのさまざまな音楽サービスをサポートしています。 ただし、Apple MusicはXbox Oneと互換性がありません。 では、Xbox OneでApple Musicを再生する方法はありますか? 本記事は、この問題の最善の解決策を提供し、Xbox OneでApple Musicを聴く方法をご紹介します。

Apple MusicをMP3に変換し、Xbox Oneに転送する

Apple MusicをXbox Oneに転送して再生するには、Apple MusicのDRM保護を解除する必要があります。 Apple Music DRMは曲の著作権を保護するためのものであるため、このテクノロジーは、Apple Musicが許可されていないデバイスで再生されないように刻印されています。 そして、TunesBank Apple Music 変換ソフトは、この問題の解決に役立ちます。 このMacおよびWindows用のソフトウェアは、優れたApple Music DRMリムーバーおよびApple Musicコンバーターです。 これは、Apple Musicの曲のDRM保護を解除し、Apple MusicのトラックをXbox OneでサポートされているMP3に変換するのに完全に役立ちます。 また、変換されたApple Musicファイルは、100%元の出力品質とID3タグを保持します。

TunesBank Apple Music 変換ソフトを使用すると、Apple Musicの曲をPC / Macに永続的に保存できるだけでなく、Xbox One、Xbox One S/X、Xbox360、Sonyウォークマン、iPhone/Androidスマホなどのメディアプレーヤーやポータブルデバイスに簡単に転送し、再生できます。

TunesBank Apple Music変換ソフトの主な機能:

  • Apple Music、iTunes M4Pの曲、オーディオブックなどからDRMを削除します。
  • Apple MusicのトラックをMP3、WAV、M4A、AAC、AC3、FLACにロスレスで変換します。
  • Apple Musicを10倍速く変換するためのバッチ変換。
  • タイトル、アルバム、アーティスト、作者など、すべてのID3タグとメタデータが保持されます。
  • Apple Musicの曲/プレイリストをWindowsまたはMacのローカルファイルとして保存します。
  • Xbox One、MP3プレーヤー、iPod Nanoなど、あらゆるデバイスでApple Musicを楽しむことができます。

ガイド:TunesBankを使ってApple MusicをXbox Oneに転送する

このパートでは、TunesBank Apple Music変換ソフトを使用して、Androidスマホ用にApple MusicをMP3に変換する方法について説明します。TunesBank Apple Music変換ソフトは、WindowsおよびMacシステム用のソフトです。開始する前に、[ダウンロード]ボタンをクリックしてデスクトップにダウンロードしてください。

ステップ1.TunesBank Apple Music変換ソフトを起動します
TunesBank Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールした後、プログラムを起動すると、iTunesアプリまたはApple Musicアプリ(macOS 10.15以降)が自動的に実行されます。 次の図に示すように、すべてのiTunes Apple MusicトラックがTunesBank Apple Music変換ソフトインターフェイスに同期されていることがわかります。

TunesBank Apple Music変換ソフトは簡潔なインターフェイスを提供するため、iTunesライブラリが自動的に読み込まれます。そのため、Apple Musicの曲をライブラリにダウンロードする必要はなく、お気に入りのiTunesライブラリに曲を追加するだけです。

ステップ2.Apple Musicトラックを選択します
左側のパネルの「プレイリスト」をクリックすると、すべての曲が右側に表示されます。 MP3形式に変換したいトラックをチェックしてください。

もちろん、プレイリストやアルバム全体を一度に選択して変換することもできます。左側のプレイリスト/アルバムをクリックしてください。メインインターフェイスには、右側のプレイリスト内のすべてのトラックが自動的に表示されます。上部のチェックボックスをクリックして、プレイリスト内のすべての曲を選択します。

ステップ3.出力フォーマットとしてMP3を選択します
インターフェイスの下部に移動し、好みに応じて出力設定をカスタマイズすることができます。 ここでは、最大320kbpsのビットレートで出力フォーマットをMP3として選択できます。

ステップ4.Apple MusicをMP3形式に変換します
今こそApple MusicからMP3曲を入手する時です。「変換」ボタンをクリックするだけで、Apple MusicトラックをMP3ファイルとしてダウンロードし、パソコンに保存できます。

変換が完了したら、変換されたMP3ファイルを[完了]セクションで見つけ、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして開きます。 アーティスト、トラック番号、アルバムなどを含むすべてのID3タグは、出力オーディオに保持されます。

ステップ5.Apple MusicをUSBドライブにコピーしてXbox Oneで再生する
USBドライブをパソコンに接続し、変換されたApple MusicトラックをUSBドライブにコピーしてください。 完了したら、USBドライブをパソコンから取り出します。 その後、USBドライブXbox Oneを接続して、Apple Musicの曲を楽しむことができます。

Xbox OneでApple Musicを楽しむ方法は以上です。 TunesBank Apple Music変換ソフトを使用すると、MP3プレーヤー、iPod Nano、PS4、その他のポータブルデバイスでApple Musicの曲を聴くこともできます。 曲をCDに書き込むこともできます。 要するに、それはあなたにとって不可欠なツールです。

Xbox OneでApple Musicを再生する