Apple Music の DRM を無効化する方法

要旨:
Apple Music からダウンロードした曲は、DRMが付与されているため、会員期間中だけ自由に利用可能となります。なら、Apple Music の DRM 解除し、任意デバイスに再生する方法ありますか?本記事は、Apple Music の DRM を無効化する最高の解決策をご紹介します。

2015年6月、Apple 社は革新的なストリーミング音楽サービス「Apple Music」を発表しました。毎月一定の料金を払うだけで、数百万曲を聴き放題になります。サブスクリプションの仕組みのためか、もしApple Music ダウンロードした曲をMP3プレイヤーなどのデバイスに転送して確認してみたら、曲はデバイス転送できないことが分かります。なぜこの状況が起こるでしょう? その理由は、Apple Musicの曲はすべてDRM保護された曲だからです。

「DRM」とは、音楽会社は曲の著作権を守るため使った著作権管理技術のことです。この DRMで保護された Apple Music の曲は、会員期間中は自由に利用できるが、会員でなくなると聴けなくなります。もちろん、曲のコピーも、転送も不可能です。なら、Apple Music の DRM を無効にする方法はあるのでしょうか?答えはあります。本記事では、Apple Music DRMを無効化できるツールをご紹介し、このツールを使用してApple Music曲のDRMを無効化し、MP3一般音楽形式に変換します。

Apple Music の DRM を無効化できるツール

TunesBank Apple Music変換ソフトは、Apple Music以外のメンバーでも使用できるプロのApple Music DRM削除ツールです。 ユーザーが音質を損なうことなくApple MusicからDRMを無効化する力があります。 Apple Music DRMを簡単に無効にするだけでなく、Apple MusicをMP3、M4A、AAC、FLAC、およびその他の一般的なオーディオ形式に変換することもできます。また、Apple MusicのID3タグとメタデータ情報は出力オーディオに完全に保存されるため、出力音楽ライブラリを簡単に管理できます。TunesBankを介して変換されたApple Musicの曲は、DRMのない一般的な音楽フォーマットであるため、ほとんどすべてのデバイスとプレーヤーとの互換性が高く、MP3プレーヤー、ソニーウォークマン、iPod Nano、PS4などのデバイスで再生できます。

TunesBank Apple Music 変換ソフトの主な機能:

  • 曲、プレイリスト、アルバムなどからApple Music DRMを無効化します。
  • Apple MusicをMP3、M4A、AAC、AC3、FLAC、WAVなどの一般形式に変換します。
  • 元の品質、ID3タグ、メタデータは変換後も保持されます。
  • バッチ変換がサポートされています。変換速度は最大10倍高速です。
  • 会員有効期限が切れた後もDRM保護を無効化したApple Music曲をパソコンに永久保存できます。
  • MP3プレーヤー、ソニーウォークマン、iPod Nano、PS4などの任意のデバイスとプレーヤーでApple Musicを無制限に聴くことができます。

チュートリアル:TunesBankを介してApple Music DRMを無効化する

ここでは、Apple Music DRM保護をバイパスし、TunesBank Apple Music変換ソフトを使用してApple MusicをMP3に変換する方法を紹介します。その後、Apple Musicを任意のデバイスやプレーヤーに転送してオフラインで再生できます。

ステップ1. TunesBank Apple Music変換ソフトを有効にする
TunesBank Apple Music変換ソフトをパソコンのデスクトップにインストールしたら、それを開くだけです。 同時に、Apple MusicアプリまたはiTunesアプリが自動的に起動します。

ステップ2.Apple MusicのDRMをTunesBankにインポートします
左側の列のプレイリストから保護されたApple Musicトラックを参照して追加し、各曲のチェックボックスをオンにして、削除したいDRMされた曲を選択します。 または、削除したいプレイリスト全体を直接選択することもできます。

ステップ3.出力パラメータをカスタマイズします
Apple Music DRM保護を無効化するには、「出力形式」をMP3に設定するだけです。 MP3はユニバーサルオーディオフォーマットだからです。ニーズに合わせて、出力品質、出力フォルダ、コーデック、ビットレート、サンプルレート、チャネルなどをカスタマイズすることもできます。

ステップ4.Apple Music DRMの解除を開始します
すべての設定が完了したら、[変換]ボタンをクリックして、オーディオ品質を損なうことなくApple MusicからDRMを削除します。

変換後、[完了]> [出力ファイルの表示]をクリックして保護されていないApple Musicを見つけ、オフライン再生のために任意のデバイスに転送します。

結論

Apple MusicからDRMを削除できると主張するApple Music DRM削除プログラムはたくさんありますが、完全に機能するプログラムはごくわずかです。 Apple Music DRM保護を完全に無効にするために、TunesBank Apple Music変換ソフトはあなたが求めるツールだと思います。このプロなApple Music DRM削除ツールは、Apple MusicからDRMを無損失で削除し、Apple MusicをMP3やその他の一般的なオーディオ形式に簡単に変換することができます。このようにして、DRM以外のApple Musicの曲をいつでもどこでもオフラインで聴くことができます。また、任意デバイスに転送し、オフライン再生することもできます。

Apple Music の DRM を無効化する