Apple MusicをMP3に変換する

要旨:
Apple Musicはの曲は保護されたM4Pファイルであり、Apple Music対応外のデバイスにはオフライン再生できません。最も効果的な解決策は、Apple Musicをほとんどのデバイスと互換性のあるMP3音楽形式に変換することです。本記事では、品質を保持したままApple Musicの曲をMP3形式に変換する方法を説明し、任意デバイスにオフライン再生できる最良のツールをご紹介します。

Apple Musicは、世界で最も人気のあるストリーミング音楽サービスの1つです。 音楽図書館には、聴ける曲がたくさんあり、便利なサービスがあるので人気があります。 ただし、制限の1つは、曲の著作権を保護するために、曲は保護されたM4Pファイルであり、Apple Musicと互換性のないデバイスでオフラインで再生できないことです。 そのため、他のデバイスで曲を再生したいユーザーにとっては不便です。

しかし、この制限を解決することは不可能ではありません。最も効果的な方法は、Apple MusicをMP3形式に変換することです。本記事では、品質を保持したままApple Musicの曲をMP3形式に変換する方法を説明し、任意デバイスにオフライン再生できる最良のツールをご紹介します。

Apple MusicをMP3に変換するための最良のツール

多くのApple MusicからMP3へのコンバーターの中で、どれが最高ですか? ここでは、TunesBank Apple Music変換ソフトをお勧めします。 このソフトウェアは、この分野で際立っています。 Apple Music曲のDRM保護を解除できるだけでなく、曲をMP3、M4A、FLAC、WAV、AACなどの一般的な音楽形式に変換することもできます。変換された曲はMac / PCに永久に保存でき、オフラインで再生するために曲を任意のデバイスに移動できます。さらに、曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号などの ID タグ情報も保持できますので、音楽ライブラリを整理する時はとても便利です。

TunesBank Apple Music変換ソフト主な機能:

  • Apple Music曲の保護を簡単に解除し、MP3に変換します。
  • Apple Music、iTunes M4P曲、iTunes、AudibleオーディオブックのDRMを解除できます。
  • Apple Musicの曲を、M4A、AAC、FLAC、AC3、AU、AIFFなどの他のオーディオ形式も変換できます。
  • Apple Musicの曲を高品質のままを維持します。
  • すべてのID3タグとメタデータを出力音楽ファイルに保存します。
  • 変換が開始された場合でも、曲の追加を継続することがサポートされています。
  • サポート速度は、Macでは5倍、WindowsPCでは10倍速です。変換時間を節約できます。

Apple MusicをMP3に変換する手順

TunesBanlk Apple Music変換ソフトを使用してApple MusicからMP3ファイルを取得するにはどうすればよいですか? ここでは、Apple Musicを320kbpsでMP3に変換する方法に関する完全なユーザーガイドを紹介します。このようにして、必要に応じてApple Musicを任意のデバイスに簡単に転送できます。

ステップ1. TunesBank Apple Music変換ソフトをパソコンにインストールして起動します
まず、MacまたはWindowsパソコンにTunesBank Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。 それを起動すると、iTunes / Apple Musicアプリが自動的に起動することがわかります。

ステップ2. 変換するApple Musicの曲を選択してください
左側の列から音楽プレイリストを選択すると、メインインターフェイスにすべての音楽ファイルが表示されます。 MP3に変換するApple Musicの曲を選択し、曲名の横にあるチェックボックスをクリックします。

ステップ3.出力設定を設定する
出力フォーマット:TunesBankは、MP3、M4A、AAC、FLAC、AC3、AU、AIFFの7つの出力フォーマットをサポートしています。MP3はほとんどのデバイスに適用していますので、出力形式をMP3に設定することをお勧めします。

出力プロファイル:出力フォーマットごとに、事前に設計されたプロファイル設定(高、通常、低)を提供し、ビットレート、サンプリングレート、およびチャネルが異なります。

メタデータ:TunesBankは、曲名、アーティスト名、アルバム名、ジャンル、アルバムアートワークなどの音楽メタデータを読み取って保存できます。 変換前に自由に編集することもできます。

出力フォルダ:出力フォルダを変更することもできます。最初に出力ファイルをパソコンに保存することをお勧めします。 他のUSBデバイスを出力パスとして設定しないでください。

ステップ4.変換速度を調整します(オプション)
Macユーザーの場合、1倍または5倍の変換速度を設定できます。 Windowsの場合、アプリのデフォルトは変換速度の10倍です。

ヒント:MacOSで5倍の変換速度を達成できるのはTunesBank Apple Music変換ソフトのみであり、他のブランドでは実現できません。 高度な変換テクノロジーにより、TunesBankはApple Musicの曲をフルスピードで変換できます。 長く待つ必要はありません。オフラインで聴くための非DRM Apple Musicファイルを入手できます。

ステップ5.Apple Musicをロスレス品質でMP3に変換
「変換」ボタンをクリックして、Apple MusicからMP3への変換を開始します。 TunesBankを使用すると、5倍(Mac)または10倍(PC)の変換速度で任意の数のApple Music曲をバッチ変換できます。iTunes /Apple Musicアプリはバックグラウンド(ミュート)でApple Musicトラックを再生するため、変換が完了するまでiTunes / Apple Musicアプリを使用しないことをお勧めします。

ステップ6.DRMフリーの Apple Music(MP3ファイル)を入手する
変換が完了したら、[出力ファイルの表示]ボタンをクリックして、変換されたApple Music MP3ファイルを見つけることができます。

示すように、変換されたApple Musicの曲はMP3形式であり、すべてのApple Musicの曲はパソコンのフォルダに保存されていることがわかります。 TunesBankを使用すると、Apple Musicトラックをローカルファイルとして保存でき、自由に転送、コピー、または共有できます。

これで、適切に変換されたすべてのApple MusicファイルをiPod nano、iPod shuffle、iPhone、Zune、PSP、ソニーウォークマン、Sandisk、MP3プレーヤーなどのデバイスに転送し、いつでもどこでも音楽を聴くことができます。もちろん、Apple Musicの音楽だけでなく、iTunesで購入した曲やオーディオブックも変換できます。ぜひダウンロードして試してみましょう。

Apple MusicをMP3に変換する